JP250とは?

JP250 2016年よりスタート!



はじめに


JP250 公式ロゴ

近年、市販車ベースの250㏄クラスは、CBR250ワンメイクレースの普及や、各社より250㏄ロードバイク発売の追い風もあり、参加者の増加傾向が見られます。

また、2015年からアジア選手権でアジアプロダクション250クラス(AP250)が開催され、ワールドスーパーバイクでも近い将来同種のクラスを追加することが検討されるなど、世界的にもこのクラスの重要性が高まっています。

このような背景から、250クラスはロードレースの底辺拡大並びに新規参入者の増加を図る重要な位置づけになり、2016年から今までのST250クラスを発展させた「JP250(Japan Production)」クラスをスタートすることになりました。



4ストローク250㏄バイクによるレース開催の意義


JP250は国内ロードレースカテゴリーにとって、空洞化している部分を埋める役割があります。JSBに代表される1000ccスーパースポーツバイクを頂点にする全日本選手権は、全部で4クラスが開催されています。

JSBクラスは1000ccスーパースポーツバイクを改造したマシンで、国内最高峰クラスです。J-GP2は600ccの改造クラス、J-GP3は4ストローク250ccのレース専用マシンのクラス、そして改造範囲の少ないST600クラスです。また、全国の地方選手権はこの中からJ-GP2を除く3クラスで開催されていて、各地方の優秀なライダーは、そのまま全日本へステップアップすることができます。

今回、新たに設定するJP250クラスは、現在ある全日本ピラミッドの底辺を支える重要なクラスと言えます。サーキットスポーツを志す少年たちは、キッズバイク、ミニバイクとステップアップしてきますが、その次のクラスとして、このJP250は最適です。車両価格が安いこと、パワーが低くミニバイクからの乗り換えが容易なこと、車格は十分であり、その後の乗り換えのためのトレーニングになることなど、メリットは数多くあります。

車両価格が安いため、年齢に関わらず、初心者がロードレースの世界に入りやすいことが上げられます。サーキットを走ってみたい、レースにも興味がある、といった潜在的なファン層にとって、600ccレース用バイクや本格的なレーシングマシンはとても遠い存在です。スタート時点で200万円近いイニシャルコストは、とてもハードルが高いと言えます。しかし、4ストローク250ccバイクであれば、もっと身近な価格でベースバイクを手に入れることができます。レースがもっと身近な存在になります。

現在スポーツバイクの中でこのクラスのアフターパーツが最も多く市場に出回っていることです。ツーリングや街乗りだけでなく、サーキットでの走行を楽しみ、さらにレース参戦を志すユーザーにとって、アフターパーツの充実はとても力強い味方です。そしてさらに、そのパーツの開発、販売促進のために、多くのパーツメーカーが、レース市場、サーキット市場に参入してきます。

JP250 Presented by DUNLOP
NEXT RACE
筑波サーキット

MFJ CUP 第1戦
筑波大会

4.8
SAT

予選

4.9
SUN

決勝

全日本選手権第1戦併催
READ MORE