JP250とは?

車両規則の概要


2015年よりスタートしたARRC(アジア ロードレースチャンピオンシップ)のAP(アジアプロダクション)250との整合性も考慮した規則としました。

気筒数 排気量
単気筒 201cc ~ 300cc
2気筒 201cc ~ 250cc

※エンジンは4ストローク

規定最低重量は車両重量と完全装備のライダー重量を合計したトータル重量とする。

気筒数 排気量 規定最低重量
単気筒 201cc ~ 250cc 190Kg
単気筒 251cc ~ 300cc 200Kg
2気筒 201cc ~ 250cc 200Kg

※重量調整はガソリンタンクへの燃料の補給またはダミーウェイト追加で行う。

単気筒250cc車両には、車両メーカーが申請したMFJ特別申請車両(300cc)の部品を公認部品としてセットで組み換える事が出来る。組み換えにより、MFJ特別申請車両と同等とみなされた車両は、単気筒300ccの公認車両として扱う。

バルブ形式を変更しない範囲で、内部パーツ(スプリング、カラー含む)の変更が出来る。

リヤサスペンションユニットおよびスプリングの変更が出来る。リンクの変更は不可。

  1. エキゾーストシステムの改造、変更が出来る。配置やサイレンサーの数の変更も可。

  2. エキゾーストパイプにカーボンまたはチタンを使用することは出来ない。サイレンサーおよびステー類の材質は 自由。

ブレーキディスクおよびパッド・ホースの変更は可。

  1. タイヤはワンメイクで予選、決勝を通じて1セット(ドライの場合)しか使用できない。

  2. ホイールは量産から変更できない。

  1. カウルは量産から変更出来る。形状も公認車両から変更が可能。

  2. 変更時、カウルの材質にカーボンおよびケブラーは使用できない。

エアクリーナーBOXは量産から変更出来ないが、吸気ダクト面積の拡大が出来る。

  1. クイックシフターが使用出来る。

  2. ミッションギヤの変更は禁止。公認車両の状態から一切の変更は出来ない。

タコメーター、スピードメーター、スイッチ類をアフターマーケット品に交換出来る。

  • フロントサスペンション 10万円

  • リヤサスペンション 15万円


2016 JP250技術仕様(PDF)

JP250 Presented by DUNLOP
NEXT RACE
鈴鹿サーキット

鈴鹿サンデーロードレース 第7戦

11.27
SUN

予選・決勝

READ MORE